リレンザは世界初のインフルエンザに直接作用する薬です。
リレンザの使用方法は吸入で、5歳以下の子供や上手に吸入ができない人にはあまり使われません。
病院で処方してもらう場合、原則として一緒に住んでいる人がインフルエンザにかかっていないという条件が必要です。
通販で購入することは、とても簡単でその上安く手に入る場合が多いです。

病院での処方は上記の他にも慢性呼吸器疾患や慢性心疾患を患っている方、糖尿病など代謝性疾患、腎機能障害の方、65歳以上の方にされています。
受験生の場合、インフルエンザにかかっている方と接触をしてしまったとき、予防として処方される場合があります。
どうしても必要という方は、通販で購入される方が確実です。

リレンザの使用方法は、リレンザ10mgを1日に一回吸入することを10日間、又は1日2回吸引を5日間します。
リレンザの効果は、インフルエンザの治療とインフルエンザの予防の2つに分かれます。
インフルエンザの予防には、ウイルスの感染の兆候が見られてから48時間以内に服用し始めると発熱、頭痛、関節痛などのインフルエンザの症状から1.5日から3日ほど早く回復します。
また、即効性が高いため早くインフルエンザに対処してくれます。

予防の効果では、リレンザはインフルエンザが増殖する気道にピンポイントで作用するため、増殖や感染から守ってくれます。
そんなリレンザの副作用としてよく見られるのは下痢や頭痛、腹痛、嘔吐などです。
また、呼吸器系の疾患がある方には、症状が悪化してしまうというケースもあります。

まれに見られる副作用は、呼吸器系のアナフィラキシーショック、皮膚がやけどのように爛れてしまう、呼吸困難があります。
アナフィラキシーショックは年に2?3例程度ですが、使用する場合は念頭においておいた方がいいです。
また、リレンザの服用によってイライラが増すことがあり、異常行動を起こしてしまう可能性があります。
ほとんどの場合は半日で収まりますが、収まらない場合もあります。

リレンザを使用する際の注意点

リレンザはA型・B型インフルエンザウイルスに効果がある抗インフルエンザ薬であり、通販で個人輸入する以外は、病院での処方しか入手する方法はありません。
パウダー状の薬品で吸引による経口摂取が必要であるため、対象年齢は5歳以上でありながらも自力で吸入が可能な場合に限定される医薬品です。
ただ、他の抗インフルエンザ薬や予防薬と異なり、5歳以上の子供に使用可能であるため重宝される薬でもあります。

吸入による摂取でウイルスが増殖する気道にピンポイントで作用するため、効果が早くて全身への影響も少なく、副作用の心配も低いことで知られます。
ただし、いくつかの注意点が存在することも忘れてはなりません。
服用する上での注意したい点として、ロキソニンやバファリンといった解熱鎮痛剤との併用での危険性が挙げられます。
これら解熱鎮痛剤に含まれる成分には、インフルエンザ脳炎やライ症候群といった合併症の発症を招く可能性があるとされているからです。

バファリンなど、市販の総合風邪薬や感冒薬に含まれていることが多いため、インフルエンザを発症している際は併用しないようにしましょう。
この他、乳製品のアレルギーを持つ場合は厳重な注意が必要です。
リレンザには、添加物として乳糖(ラクトース)が使用されており、乳製品のアレルギーを持つ人が服用するとアナフィラキシーショックなどの重い症状が見られるケースがあります。
リレンザの服用後に手や足の指などが赤く腫れ上がったり、身体にかゆみが発生するなどの症状が出た場合、乳製品のアレルギー症状の可能性が考えられます。

もし事前にご自身のアレルギーが分かっている場合は、服用する前に必ず医師に相談してください。
なお、抗アレルギー薬をけいれん防止のために処方されるケースもあります。
基本的には抗アレルギー薬などの特殊な薬の服用に関しては、医師の指示に従った方が良いでしょう。
妊娠中や授乳中の女性に関しては特に注意事項の記載はなく、妊婦でもリレンザの服用は可能です。